検索
  • hajimaruan1980

はじ〇コラム⑤『血の質』のお話。

今回は、“血の質”のお話です。

以前、『血と髪の毛』の記事の時も“血の質”大切ですよ!とちょこっと書かせていただきました。

はじ〇コラム③『血と髪の毛』のお話。 (hajimaruan.com)

そもそも“血の質”とは、どういうことでしょうか?

血液検査での数値の『よかった・悪かった』という事でしょうか?

“質”っていう事は、『いい・悪い』があるのでしょうか?

皆さん、考えてみたことはありますか?

健康診断の時以外、日常生活で血液の事について考えたことがある方は、なかなかいないと思いますが、実は、血の質にも『いい・悪い』はあるのです!

それでは、質のいい血とは、質の悪い血とはどんな血なのでしょうか?

⇒質のいい血とは…

・血管の中に流れる血液が、濃く豊富で淀みなくしっかり流れていること

・酸素・栄養素をしっかり器官・組織・細胞に運んでくれる

・東洋医学でとらえると、『瘀血』がなく、『気・血』が充実している状態

⇒質の悪い血とは…

・血管の中に流れる血液が、薄くドロドロして淀んでおり流れが悪い

・ドロドロしてなかなか必要な箇所に酸素・栄養素が行き届かない

・東洋医学でいう、『瘀血』があり、『気・血』が不足している状態

以上が、簡単にまとめてみましたが、質のいい血・悪い血になります。

「検査数値がよかったから自分は大丈夫でしょ。」と誤解されてる方が、結構多いように思います。

検査数値は、もちろん大切です!

しかし、それだけで体の中の血の状態を判断するのは不十分なのです。

血の質を調べるには脈や舌の状態、身体から出ているサインなども指標になり、総合的に判断していきます。

血は、体を作る原料になります。

髪の毛や筋肉を作ったり、筋肉の修復、けがの修復などいろんなところで血は必要となり、また、精神的な安定、睡眠などとも関係してきます。

私も思いますが、どうせなら体に流れている血が『質のいい血』であって欲しいものです!

それでは、その質のいい血を作るためにはどうしたらいいのでしょうか?

それにつきましては、また今度お話ししていきます。



何かご相談等ございましたら、ご連絡ください。







8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示